ブログ

お家さがしの第一歩

不動産 幸司

こんにちは。

お家が欲しいと思ったら、みなさんはまず何をしますか?

スマホやPCでSUUMOなどのポータルサイトでいきなり物件探してませんか?

気になった物件があったら、いきなり問い合わせしてませんか?

思い当たる節があった方は、もしかするとお家の購入で失敗してしまうかもしれません。

家族が増えてきて手狭になった

家賃をこのまま払うのがもったいない

住宅設備が古くて使い勝手がよくない  など

お家の購入を検討するきっかけはそれぞれあると思います。

お家さがしをする過程でいろんな知識が増えていったり、

なんとなく新築を見に行ったり、考えなく予算を超えた物件を見ると、

やっぱりよく見えてしまい、目的を見失ってしまうこともあるかもしれません。

ちゃんと考えると、

もしかしたら新築じゃなくて中古かもしれない。

戸建てじゃなくてマンションかもしれない。

購入しなくても賃貸で叶えられるかもしれない。

そのときに、大事になるのが一番最初に描いたお家を買う目的です。

なぜお家を欲しいと思ったのか?

なんのためにお家を購入するのか?

これをしっかり考えてほしいんです。

この目的から外れてしまうとお家さがしがめっちゃブレブレになり、着地点を見失ってしまいます。

では、そうならないために具体的に何をすればいいのか?

というところに触れていきたいと思います。

お家探しの最初に抑えるポイントはたったの2つです。

①予算を把握する

まず最初におさえるポイントは、間違いなくこれです。

自分たちの予算をつかむこと。

そもそも予算の把握ができていない状態では、

どれくらいの価格帯の物件を探したらいいのかもわからないはず。

でも実際は買えるかどうかもわからない状態で、

物件を見に行ったりしている方が意外と多いです。

この状態で物件を見に行ったとしても、夢や憧れのままで

リアリティーに欠けた状態で不完全燃焼してしまいます。

予算の把握をする上で、大事なポイントはふたつ。

・自分たちの年収からいくらまで限度で借りられるか

・毎月の返済額がいくらまでなら返済可能か

自分たちは、いくらまで住宅ローンを借りることができて、いくらの借入額なら月々返済できるのか。

借入れできる金額(銀行が貸してくれる金額)=返済していける金額とは限りません。

どれくらいが自分たちにとって無理のない返済計画かをシミュレーションしていきます。

それをするのに、必要なデータはこの3つ。

昨年度の税込年収

・合算するなら合算者の昨年度の税込年収

・毎月ムリなく返済できるかなという額

この3つを教えていただき、かんたんなシミュレーションをして

予算をざっくりとつかんでいただいています。

②相場を把握する

戸建てでもマンションでも土地でも、

たとえば、○○学区内とか、○○駅徒歩圏内など。

物件にはかならず相場価格があります。※個体差で多少の増減はあります。

いきなり物件を見て、万が一気に入ったとしても、

それが価格相場から安いのか高いのかがわかりません。

もちろん担当の営業マンが教えてくれますが、全部が全部信用できない。

そんなときに自分でも、ある程度相場勘をもっておくことが大切になります。

具体的な方法としては、

・不動産取引価格情報検索で調べる

(https://www.land.mlit.go.jp/webland/servlet/MainServlet)

・SUUMOなどのポータルサイトの売土地情報で調べる

・紙チラシを集める(近隣にお住まいであれば)

1ヶ月くらい見てると、そのエリアの相場勘がつかめてきます。

注意点は、相場から大幅に安く出ている物件は大抵安いなりの理由があるということ。

最初に描いていた「お家を買う目的」と、「予算の把握」「相場の把握」をすることで、

自分たちに適した物件と巡り合える可能性が飛躍的に高くなります!

一生で一番高い買い物といわれることの多い、お家の購入。

お手伝いさせていただいたみなさんが声を揃えて

「こんな急に物件が見つかると思わなかった」とおっしゃられます。

本当に不動産は縁もので、「これだっ」という物件は急に巡り合います。

数千万円もする買い物なのに、比較したり、調べたりしないまま購入しないといけない状況も多々あります。

それでも買うと決断して、手に入れることができたのは、しっかり事前に準備をし、

自分たちに適した物件がどんなものかを把握されていたからだと思います。

green建築工房では不動産の取り扱いもしております。

お家探しをしている方の参考になるような情報も発信していければと思います。

お家探しや購入を検討されている方は、気軽にご相談ください。