ブログ

丁寧につくり、丁寧に暮らす

リノベーションとは 麻貴

今日も朝からセミの声が聞こえてきました。雨の合間は暑い日が続きますね。

先日京都の町家のリノベーション現場の撮影に立ち会わせていただきました。旗竿地で路地を進んでいくと、格子の玄関扉が優しい雰囲気でお出迎えしてくれます。

引き戸の扉を壁に収める、スリット階段で陰影を楽しむetc、細かい部分にまでとても配慮させており、落ち着いたお家に仕上がっていました。

『丁寧なつくり』が、『丁寧な暮らし』を生み出してくれます。

“歩くように暮らす” green建築工房のリノベーションの魅力が沢山詰まったお家になりました。