ブログ

持続可能な社会へ向けて

SDG’s リノベーションとは 貫十

現在、green建築工房ではリノベーションが事業の主軸になっています。

なぜ、リノベーションなのか。

大きく2つの理由があります。

つ目は、リノベーションはリフォームと違って、古くなった設備を交換したり、傷んだ部分を修繕したりするだけでなく、「新しい価値」を吹き込めるからです。

住み手のライフスタイルに合わせて、家をカスタマイズします。

「家」に合わせて暮らすのではなく、「ライフスタイル」に合わせて家を創るという考え方になります。

つ目は、リノベーションでは、使える部分は大切に使っていくという考え方です。

そうすることで排出されるゴミの量もかなり削減されます。

建築に関連するゴミの量は全国の産業廃棄物の20%にもなり、新築一件当たり2~3.5トンもの廃棄物が出るといわれています。

地球環境にも優しいリノベーションがもっともっとメジャーになればと思います。

その他、使用する建材にもこだわっています。

床材は無垢フローリングを使用しています。

岡山県西粟倉村にある「森の学校」という会社から仕入れています。

100年の森構想を掲げ、持続可能な循環システムを実現されています。

外国産の安い無垢フローリングもありますが、green建築工房では国産にこだわっています。

また今後はビニール系の仕上材(ビニールクロスやクッションフロア等)も極力使用しない方針です。

小さな一歩かもしれませんが、持続可能な社会を目指し、green建築工房にしかできない価値を提案していきたいと思います。