ブログ

ドリームボードで夢を共有する!

日常のできごと 貫十

9月も今日で終わり、今年も残すは3カ月になりました。

3ヶ月という文字にするとめっちゃ焦ります(-_-;)

 

9月の最後2日間は社内研修でした。

みんなで「ドリームボード」をしました。

 

 

ドリームボードと聞くと目標達成ツールのようですが、少し違います。

 

目標達成をするには、まず目標を立てなければなりません。

でも、目標とか夢がはっきりしている人ってあまりいませんよね。

そしていざ目標を立てるとなると、自分のできる範囲で考えてしまう。

 

あまり大それたことは「無理」と思うので、自分が達成できそうな範囲内で夢や目標を立てることになります。

 

それって本当にしたいこと?

夢って、遠慮しながら見るもの?

 

もっと自由に発想すれば、自分の奥底に本来の願望があるはず。

 

それを見つけ出すのが「ドリームボード」

 

大量の雑誌を用意して、パラパラとめくってピンときたものをどんどん切り取っていきます。

 

欲しいものでも、気に入った文字でも写真でも、なんでもいいから、本能的にビビっときたものを集めていきます。

 

すると自分でも気づかなかった自分が見えてきます。

 

こんな物が欲しかったんだ、、、

昔あきらめたことがやっぱりやりたい、、

など、こころの奥底に眠っている願望が湧いてきます。

 

それをボードに貼り付けて、ニヤニヤ眺めます。笑

 

以上!

 

本当にそれだけです。

でも不思議にボードに貼った夢はどんどん叶っていきます。

 

今回、社内研修で「ドリームボード」をしたのは、もちろん個々人の夢の達成も大切ですが、いつも一緒に働いている仲間がどんな夢を持っているのかを共有できることが一番の目的でした。

 

夢ってその人の本質的な部分がよく見えます。

だからそれをみんなが共有して、誰かの夢を応援しあえる環境を作りたかった。

発表している仲間の夢を聴きながら幸せな気分になってます。

 

2日間の時間をとることは簡単ではありませんが、貴重な時間になりました。

 

これからもワクワクを共有して、どんどんワクワクを発信していきたいと思います。