ブログ

下町ロケットの植松努さんに学ぶ

日常のできごと

先日、社内のみんなで植松努さんの講演を聴きました。

講演と言っても、コロナ禍の影響もあってリアルでは開催できず、YouTubeでのライブ講演です。

当初は4月3日に京都で講演会を聴きに行く予定にしていましたが、コロナの影響で延期になり、さらにリアルは難しいということでYouTube講演に切り替わりました。

 

YouTubeになりがっかりしていたのですが、いざ講演を聴くと本当に素晴らしく、色々なことに気づかさせれました。

 

植松努さんは「下町ロケット」のモデルと言われている方です。

 

見た目は本当に普通のおっちゃん。

 

でも講演内容は非常に濃くて、どこを切り取っても素晴らしい内容でした。

 

個人的に感じたのは「自己肯定感」と「ワクワク

人と違っていい。

人と違うのが当たり前なのに、大人は「みんなと同じようにちゃんとしなさい!」と子供の個性を奪ってしまう。

それは子供の可能性を奪うこと。

 

植松さんは子供の頃にみんなが持っている「ワクワク」を止めなかった。

学校の勉強もせずに自分のワクワクに時間を注いだ。

それが今につながっているのだろう。

 

そもそも学校の勉強って何の為?

計算ができるようになる為?

集団行動ができるようになる為?

 

もちろん学校で学べることはたくさんあると思います。

でも本質的には「幸せ」になるためなんじゃないかな。

みんながそれぞれの長所を生かして、人の為になるようなことができれば幸せな世の中になるはず。

 

今の学校教育は「長所」をつぶすようなシステムになっていないだろうか。

「ワクワク」を否定するようなシステムになっていないだろうか。

 

他人を否定したり、学校のせいにしたりするのではなく、何か自分たちにできることがあるはず。

 

まずは自分たちがお互いを認め合い、長所を伸ばせるような環境を作ることから始めよう。

そして植松さんのように、ここから発信して、周りにもいい影響を与えられるような存在でありたいと思う。

 

TEDの植松さんの講演も良いので、興味のある人は見てください。

 

本も執筆されてます。

「ワクワク」を忘れた大人たちに是非読んでほしいです。

 

これからも「ワクワク」センサー全開でいこう!