ブログ

場の質感を感じる

建築 日常のできごと 幸司

「私も休む〜」という娘の泣き声で目覚めました。
パパが休みなのを聞いて泣いていたようです。

という事で「そうだ京都へ行こう。」
急遽、家族を連れて京都・嵐山まで行ってきました。

枚方からクルマを走らせ、1時間ほどで嵐山駅へ到着。
さっそく散策スタート。

まずは渡月橋へ。。。
と思いきや、ついつい寄り道したくなるお店がたくさん。

気付いたら、まんまとミッフィーちゃんグッズやパンを
買わされていました。

財布が身軽になった頃に、ようやく目的地の渡月橋へ。

以前なら、観光客で溢れて、橋の途中で立ち止まることも難しかったようですが、
今日は平日、しかも雨予報ということもあり、橋の上からもじっくり自然を堪能できました。

普段は気になる車のエンジン音も川の流れる音、
まわりの情景などが重なるだけで最高のBGMに。

娘も自然と「気持ちいい~」と心の声を漏らしていました!笑

最近greenの先輩に薦めてもらい、建築の本を読んだのですが、
そこに書かれていた「場の質感」という言葉をふと思い出しました。

今回嵐山を訪れ「場の質感」を感じるポイントがたくさんありました。

普段どこにでもあるコンビ二

お昼を食べたおそば屋さん

嵐山を代表する「竹林の小径」

散策中に急な雨降りに見舞われましたが、
雨降りの風情をじっくり堪能できました!

そして見所が多い中、
なんとなく選んだ行き先「二尊院」

ここがめちゃくちゃおススメ。

出水舎が、花手水になっています。

庭園を眺めながら、5秒ごとになる鹿威しが何とも言えない心地よさ。
本堂の床の質感がたまらなく、気づいたら娘も床に寝転がっていました。

日常を忘れてゆっくりしたい。
という方は、是非行ってみてください。

写真を多めには載せてますが、やはりその場の質感というのは、
実際に体感しないと伝わらない部分が多いです。

green建築工房では自然素材にこだわった家づくりをしております。
無垢の床がもつあたたかみ、肌触りや職人さんがイチから創りあげる造作物など。

いまのご時世から、なかなか容易にリアルを体感することが難しいことも多いですが、
ぜひその場のもつ質感を感じにきてもらえた嬉しいです。

と、ここまでそれっぽい内容を書いてきましたが、


今回嵐山にきた真の目的地は、


日本で唯一の『髪』の神社「御髪神社」です。

そこそこの年齢になり、髪の毛が年々薄くなってきている気がする今日この頃。
古くから髪は女性の命と言われてきましたが、それは男性の髪も同じです。

「太くてイキの良い髪が生えるようお願いします!」と全力で手を合わせました!笑

芸能人のハゲ自慢の方?の絵馬が沢山掛かっていたので、
気になる方は覗いてみても面白いかもしれません!