ブログ

地球環境を考えたお家づくりって?

SDG’s 景子

先日、見学会を無事終えた『大きな土間のある家』のお家を撮影してきました!

施主様は地球環境を大切に考えた取り組みを沢山されており、お家づくりにおいてもその考えがベースとなったリノベーションとなりました。

リノベーションで地球環境を大切にするってどんな事ができるのかな?

今回の事例で少し紹介したいと思います。

 

壁や天井はビニールクロスを使わず全面板張りにしています。全面自然素材、とても心地の良い空間でした。

以前建築家の対談でも聞いた事があるのですが、木がもたらす効能というのがあるそうです。人間の当たり前の心身を取り戻したり、健康を取り戻すというもの。人が自然に触れたいと思ったり、心地いいと感じるのは本能的に感じているかもしれないですね。

また、通常洗面などの水回りもクッションフロアを使うことも多いのですが、今回はリアルなタイルを使用しています。さらに、取手などの細かい部分も木を彫り込んだり、穴を開けたりして金具を使わないなど配慮したデザインに。

 

 

施主様からは、お子様世代に残す物としても環境の負担を少なくしたものにしたいおっしゃっておりました。

会社としても、個人としてもお客様から学んだ事が沢山あったと感じています。

写真もたくさん撮らせて頂きましたので、事例アップもお楽しみに。