ブログ

NCBF こども本の森 中の島

建築 麻貴

先週は気温も上がり、桜もどんどん咲きはじめましたね。

一雨ごとに暖かくなり、春の陽気が心地よくなりました。

今回は中之島にある『こども本の森 中の島』のご紹介です。現在はコロナの為予約制になっています。

この図書館は“こどもたちに多様な本を手にとってもらい、無限の創造力や好奇心を育んでほしい。自発的に本の中の言葉や感情、アイデアに触れ、世界には自分と違う人や暮らしが在ることを知ってほしい。という思いで、大阪出身の建築家/安藤忠雄さんが設計された文化施設です。

 

図書館内の選書は、さまざまなジャンルの本を12のテーマにわけて並べてあり、子供が興味を持ったテーマについて色々な本にふれることができます。

子供だけでなく大人も楽しめる本のが沢山あり、いつもあっという間に時間が過ぎてしまいます。

本を読む場所も、本に囲まれた丸い空間や階段下の隠れ家の様な場所、川を眺めながら季節を感じられる場所、、お気に入りの場所を見つけて本に触れることができます。自分のお気に入りの場所を見つけて本と向き合うのも時間も素敵です!!