ブログ

北欧の照明

建築

昨日は福岡デンマーク協会が主催する、デンマークの灯り-照明器具デザインから見る灯りの文化-を社内でWEBを使って受講しました。

空間をデザインする上で、照明計画はとても大きな役割があります。

ただ明るさを求めるのではなく、グレア(眩しさ)を取り除くことや、必要な場所に適切に光を配置する重要性、用途や雰囲気による使い分けなど、勉強になることが多くありました。

建築という分野の面白いところは、関連する事が幅広いことだと思っています。

日々の生活、日常の中での発見がデザインの一つになる可能性があるのです。

何気ない風景や出来事にも意味があると思いますし、気付けるように心掛けています。

沢山の気付きを積み重ねて、より良い空間を提供したいと思っています。