ブログ

棚を浮かす

進行中の現場で大工工事の真っ最中のプロジェクトがあります。

壁の下地となるボードを張っているところなのですが、一部棚を付ける部分があります。

通常、壁に棚をつけるためには板を支える為に金具が必要になったり、床まで脚をつけたりします。

ただ、壁を作る前に棚を作る場合には、支える部材は隠すことができます。

予め壁と一体になった棚板を作り、固定することで、後からクロスを貼れば棚板しか見えません。

余分なものを減らした方がごちゃごちゃせずスッキリしますね。

何も無い空間で完成をイメージしてもらうことは簡単ではありませんが、新しく作る上で工夫できるところは多々あります。

沢山イメージを膨らまして、精度をあげることで、完成した時の達成感も大きくなります。それは私達だけでなく、お客様にとっても同じだと思うのです。