ブログ

リノベーションで「もっと自由に」

これまで日本では住まいに関する価値観が画一的でした。

 

「庭付き一戸建て」にみんなが憧れ、どんどん新築が建っていった時代。

やっと手に入れたマイホームのローンの為に朝から晩まで必死に働き、

休みの日も子供と遊ぶ時間も取れないのが当たり前の時代。

 

気づいたら子供は出ていき、憧れのマイホームは建て替える時期に。

 

「なんのために働いていたんだろう」

 

そういう選択をした人たち、頑張ってきた人たちは間違ってたわけじゃなく、

当時は選択肢がなかった。

 

中古住宅を買うことすら少数派で、ましてやリノベーションという言葉さえもなかった。

 

時代は変わり、少子高齢化が進む中、住宅がどんどん余ってきている。

 

価値観が多様化してきたこれからは「新築」一辺倒ではなく、

もっと「自由に」住まい方を選べる時代になっていくだろう。