納まりを考えるリノベーションの醍醐味 | 枚方市のリノベーション・リフォームはgreen建築工房

ブログ

納まりを考えるリノベーションの醍醐味

デザイン リノベーションとは 建築 現場日誌 貫十

現在進行中の店舗リノベーション工事

かなり年季の入った住まいをCAFEへと生まれ変わらせます。

設計担当と一緒に現地で納まりの打ち合わせをしてきました。

「納まり」とは建築用語で、細かい部分の繋ぎ目だったり、取り付け方法のことを言います。

「納まりがきれい」とか、「納まりが悪い」といった使い方をして、かなり頻繁に出てくる用語です。

新築などはあらかじめ施工方法が確立されていたりするので、そんなに複雑な「納まり」は少ないです。

一方、古い家を改装するようなリノベーションの場合、「納まり」を考えないといけない箇所だらけで、毎回「納まり」祭りです。

私はこの「納まり」を現地で考えるのが大好きです。

特に大工さんと一緒に難しい納まりを考えるのが1番楽しい時間です。

大工さんと一緒に考えて、「美しい納まり」を見つけ出せたら最高に幸せと思えるぐらい。笑

ただ最近は現場に出る機会も少なくなって、この1番楽しい時間がなくなりちょっと淋しいですが、、、

今回の店舗リノベーションする物件はかなり古く、解体するときれいな丸太の梁が出てきました。

この丸太の梁をいかにきれいに見せるか。

解体した部分とどう繋げていくか。

細かい部分の作り方、見せ方を現地で相談。

実際に出来上がったところを3Dで想像しながら検討していきます。

本当にちょっとしたことで雰囲気がガラッと変わってしまうので、ものすごく気を使うところです。

設計担当のセンスの良さを引き出したいので、あまり口は出さず、あくまで裏方としてサポートできればいいなと思います。

完成が本当に楽しみ。