枚方 リフォーム リノベーション green建築工房

facebook instagram

BLOG

リノベでおシャレな空間にかかせない、照明の選び方。

普段当たり前のように使っている照明は、私たちの生活には欠かせないものとなっています。

そして、どんな照明を選んで使用するかで住まい手のモチベーションを上げるような素敵な空間を演出することが出来ます。

今までは、お部屋全体を照らす「1室1灯照明」が主流となっていましたが、部屋全体の明るさが単調でつまらない印象になりがち。

そこで、今は省エネに効果的、かつお部屋の雰囲気もアップする「多灯分散照明」がおススメなんです。

複数の照明器具を使用してシーンに合わせて明かりをコントロールでき、お部屋の雰囲気も良くなる、必要な分だけ点灯すれば電気代の節約にもなります。

簡単に言いますと、ダウンライトやスポットライトの全般照明に加え、ペンダントライトやフロアライト、テーブルライト、ブラケットなどを分散させて必要箇所に配置して、用途に応じで点灯する使い方をするということです。

こちらの写真も多灯分散照明といえますね。

 

例えば、食事をする時ダイニングテーブルのペンダントを使用しますが、LDKのリビングスペースでくつろぐ時は、ペンダントを消してダウンライトとフロアランプを使用してみるなどという使い方です。色々な照明を組み合わせることで重層的に光が重なり、心地よい空間を作ることができます。

 

↑こんな種類のライト達を組み合わせたりすると、空間が楽しくなりますね。照明のデザインもアクセントになり相乗効果も期待できそうです。

また、ダクトレールを使用すると色々変更がきくので便利です。スポットライトやペンダントを合わせたり、レール上であれば移動も出来ますし、W数も越えなければライトの増減も可能です。

また、光の色もムードづくりには大きく影響します。くつろぎやリラックスの空間には電球色、勉強部屋などには昼白色(青白い)が適しているなど、用途によって選択するのがいいですね。

このように、お客様にも用途に合わせた心地のいい照明のご提案をできるようにしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

top

TELお問い合わせ 資料請求