ブログ

「場」の空気を変える

インテリア リノベーションとは 建築 貫十

前回のブログに引き続き、バックパーカー時代に出会った建築シリーズ。

アジア各地を旅した中でも思い出深い地 バリ島。

インドネシアはイスラム教が最も多いのですが、バリだけは「バリヒンドゥー」と呼ばれる独特の宗教文化が深く根付いています。

バリの寺院が好きでよく散歩がてら訪れ、ボーっとしていました。

夕方になると地元の子供たちが集まってきて、民族舞踊の練習をします。

バリ舞踊のレゴンダンス

そんな日常に溶け込んでいるバリの寺院ですが、必ずあるものが存在します。

割れ門です。

そこを通り抜けると、、人の心の邪悪な部分が浄化され清らかになる と信じられています。

日本の鳥居と同じかもしれません。

同じ敷地内なのに、そこをくぐるだけで気持ちが引き締まります。

割れ門があるだけで「場」の空気を変えることができます。

この心理作用は住宅などの設計をする際にも活用します。

ひとつの大きな部屋でも、床の素材を変えるだけで、違う「場」になります。

ダイニングとリビングを「感覚的に仕切る」

床の素材だけでなく、少し段差をつけるだけでも「場」は変わります。

ダイニングとベッドスペース

その他にも部屋の真ん中に低めの棚を置いても変わります。

事務所スペースと打合せスペースを分ける

天井の素材を変えたり、天井から「のれん」のような布を垂らしたりと、色々な「仕切り方」があります。

そうやって空間に変化をつけることで、ただ広いだけの空間にならずにすみます。

ただ広いだけの空間を「間延びした空間」と言ったりしますが、そうならないように意識しながら、ゆるく繋がって遊び心のある空間をつくっていきたいと思います。