ブログ

枚方のマンションリノベ〜墨出し〜

枚方市内のマンションで工事中の現場は解体を終えて、これから大工工事に入るところです。

大工工事に入る前に墨出しといって、部屋を区切る壁の位置を何もない床に印をつける作業をします。

分かりにくいですが、糸を張って壁の位置が分かるようにしました。この状態で施主様にそれぞれの部屋の壁について最終確認させてもらいました。

無事に最終確認を終えて、いよいよ明日から大工工事です。

マンションの場合、まずは床フローリングを貼る為に、下地となる床を組みます。

今回のマンションはコンクリートの床に直接フローリングを貼っていたので、剥がした後の床はフラットではなく、新しくする床材を水平に貼る為にも必要な工事となります。また、下階へ音が伝わりにくよう遮音性を高める効果もあります。

床の下地を作り、壁の下地に進みます。

仕上のサンプルも現地で見ると、よりイメージが湧きやすいですよね。

工事は進みますが、完成するまで施主様と時間が許す限り検討を重ねて、イメージ以上の住まいにしたいと思います。